放射性物質除去について|シーガルフォー正規代理店のそれいゆ。製品販売以外に部品の販売や修理も承ります。

長くシーガルフォーを愛用していただくためにアフターケアが万全です。部品交換から修理までなんでもご相談ください。

             シーガルフォーのそれいゆ   シーガルフォー浄水器正規販売会社
                                                 Soleil-Inc
トップページ 会社概要 購入方法 お問い合せ サイトマップ

シーガルフォーの部品お取り替えや、修理・メンテナンスは 「それいゆ」 

シーガルフォー浄水器の部品交換による修理を始め、メンテナンスや新規のお求めなら「それいゆ」にお任せください。
正規販売会社として確かな技術と20年超の実績でお応えします。15,000円以上お買い上げ送料無料!(一部地域別途お見積もり)
 
 ※ 掲載価格は税抜き表示です。 ()で税込額が記載されている場合は、商品価格の8%の税が含まれています。
                                                
★★ ヤフーショッピングに出店しています ★★

シーガルフォー製品
ラインアップ


シーガルフォーを
ご愛用の方へ 


シーガルフォーとは
シーガルフォーフォーの機能(ストラクチャードマトリックス)

シーガルフォーの浄水能力(検査結果)

シーガルフォーX1、X2シリーズ(試験結果)


歯科・医療関係者様へ

飲食店・ホテル・食品業者様へ


シーガルフォー全製品が国内正規品であり、メーカー保証適用に準じます。(本体は10年保証)安心してお買い求めください。

シーガルフォーの部品修理それいゆ

人気の高いシーガルフォーの浄水器。当店では長く愛用していただくために部品の販売や修理も承っております。15000円以上のお買い上げで送料無料です!この機会にぜひシーガルフォーの良さを実感してください。

 
   放射性物質除去について

ヨウ素・セシウムについて各カートリッジの浄化水に、ND(非検出)との結果が示されました。

シーガルフォー輸入元のグランドデュークス株式会社は、これまで3回にわたりシーガルフォー浄水システムの放射性物質除去能力試験を行ってきました。
第一回は2011年4月11日、関東東部の利根川支流河川水より採取。第二回は同13日、福島県しないの一般家庭水道から採取し、放射性ヨウ素の除去能力 試験を実施いましたが、採取した原水自体に含まれる放射性物質が検出限界値の20ベクレルに達しなかったため、安定した測定結果を得ることができませんで した。
そこで、第三回は5月1日、福島県南相馬市の用水より採取し、1Bq/Kgという低い放射能レベルまで測定を可能にする、ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメーターで、より精密な試験を実施しました。
RS-1SGH、FN-XLR、溶解性鉛対応モデルカートリッジFP-2(Pb)、砒素対応モデルカートリッジFP(As)の4種のカートリッジを対象に 試験を行ったところ、放射性ヨウ素および、放射性セシウム(CS-134、CS-137)は浄水から、いずれも検出されませんでした(検出限界 <1Bq/Kg)。

ここに第三回目のRS-1SGHについての試験結果についてご報告いたします。
他のカートリッジの試験結果、およびこれまでの試験経過についての詳細はグランドデュークス株式会社のホームページをご覧ください。

【採水方法】
平成23年5月1日 福島県南相馬市内の用水より採取。
対象カートリッジ:RS-1SGHを使用し、原水および浄化水を同時採水した。

【試験方法】
採水日翌日に(株)同位体研究所に持込み、採取した原水および浄化水の測定を依頼した。
厚生労働省「緊急時における食品の放射線測定マニュアル」に準ずるγ線スペクトロメーターによる核種測定。
サンプル調整については、文部科学省 環境試料採取法に準ずる。

【検出限界】 1Bq/kg
【分析結果】 核種検査
【依頼者】   グランドデュークス株式会社
【検査機関】 株式会社同位体研究所

【試験結果】
シーガルフォー浄水システムX−1DS / 使用カートリッジ:RS-1SGH

〈通水開始後1L〉 原水 浄水
ヨウ素(I-131) 12Bq/Kg ND(不検出)
セシウム(CS-134) 10>Bq/Kg ND(不検出)
セシウム(CS-137) 19Bq/Kg ND(不検出)


 ※10>Bq/kgとは、検出限界値である 1Bq/kg以上、10Bq/kg未満 を表す(同位体研究所規定)。
※ND(不検出)とは、今回の測定による検出限界値<1Bq/Kg以下であったことを示しております。 

      以上、グランドデュークス株式会社ホームページより抜粋